ウェルダンシステム株式会社ウェルダンシステム株式会社

customer’s voice

国府台女子学院小学部・中学部・高等部 NEW

12年一貫の教育プログラムを一元管理

  • 小学部と中学部・高等部で分断されたシステムを統合
  • 中学と高校で異なっていた入試のシステムも統一
国府台女子学院(千葉県市川市)は1926年(大正15年)の創立以来、仏教を礎にした女子教育を実践し、延べ2万人以上の卒業生を社会に送り出している伝統ある女子校で、小学部、中学部、高等部がある。この12学年のすべてで、学籍や成績などのデータの管理に情報セキュリティに配慮したFileMakerプラットフォームで構築された校務支援システム「スクールマスターZeus」を採用し、教職員の負担を軽減した。

以前は小学部と中学部・高等部で分断されたシステムを使用していた

国府台女子学院では、スクールマスター導入以前は、同学院で独自に開発したシステムを使用していた。小学部はMicrosoft Excel、中学部・高等部はSQLサーバーとMicrosoft Accessを利用して開発されたもので、別々のシステムだった。そして両方に共通だったのは、少数の教職員にシステム開発やサポート業務が集中していたことだった。

システム開発を担いサポートもしていた、SE経験のある教務事務の落合敏男氏への負荷が多く、小学部の福本博之副教頭は「システム面で教員をサポートする業務が1人に集中していて大きな負担を掛けていることが課題でした」と以前の状況を振り返る。

中学部・高等部にはデータベースのクエリを扱うことのできる教員が数人いて、落合氏が構築したシステムに関する担当者として他の教員からの問い合わせやデータ出力依頼などの要望に個別対応していた。その担当者の一人が高等部の松山諒教諭だ。スクールマスターの導入後は要望にその都度対応することがなくなったので、松山教諭は「システム担当者としての日常の負担は減りました」と言う。

スクールマスターで教職員の業務負荷を軽減

国府台女子学院では、現在、小学部、中学部、高等部の約180人の教職員がウェルダンシステム株式会社が提供する「スクールマスターZeus」(以下、スクールマスター)を使用し、学籍、成績、入学試験のデータを管理している。学籍と成績に関しては2017年4月から、入試に関しては2018年度入学の受験生から順次導入された。

スクールマスターは、開発・販売をしているウェルダンシステム株式会社がそれぞれの学校に合わせて生徒証や在学証明書、卒業証明書の発行など必要な帳票類をヒアリングし、実装した上で納入されるが、運用しているうちに、こういうデータを見たい、こんな帳票がほしいといった要望は当然出てくる。これについてはFileMakerプラットフォームを採用していることにより、ウェルダンシステムと連携して導入後にも短期間でカスタマイズすることができ、必要な帳票類を毎年追加している。

中学と高校で異なっていた入試のシステムも統一

小中高の一貫校で全体のデータを一元管理している同学院にとってメリットが特に現れているのが、入学試験関連の業務だ。入学試験では、Web出願のデータをスクールマスターにインポートし、試験実施後に各教科担当の教諭が得点を入力する。これを自動集計して判定会議で合否を決定する。


松山諒教諭

以前は、中学部の入試ではMicrosoft Accessベースのシステム、高等部の入試ではMicrosoft Excelと、別々のデータ管理をしていた。中学部と高等部の教諭は両方の入試に携わるため、両方のデータ管理方法を把握しておく必要があった。スクールマスターの導入後は「同じシステムにまとまったので、操作が共通で簡便になりました」(松山教諭)という。

中学部、高等部には、それぞれ内部進学生と外部受験生がいる。内部進学者のデータはそのまま引き継ぐことができ、移行の手間もかからない。また成績データもスクールマスターに集約されているため、内部進学生と外部受験生が混在する新年度のクラス編成にも役立てられている。従来の分散されたシステムからの移行により、同学院のWeb出願から入試、合否判定、クラス編成などに有効に活用され、効率化を超えた新しい価値の創造を実現している。

12学年分の児童・生徒データがすべてそろえばさらに効果が現れる


福本博之副教頭

同学院には皆勤賞の表彰がある。それも、小学部の6年間、中学部の3年間、高等部の3年間に加え、小中の9年間、中高の6年間、小中高の12年間と、表彰の対象が多岐にわたる。児童・生徒にとって、とても励みになる表彰なので、「出欠を間違いなく、スムーズに集計できるのは、12学年分が一元管理されているメリットですね」と落合氏は言う。


落合敏男氏

落合氏は「学籍や成績のデータが小中高の全学年分そろえば、さらに詳しいデータ分析が可能になり活用の幅が広がる」と言う。松山教諭は「中学部と高等部ではすでに一部の学年の生徒にiPadが導入され、近々、全学年で使うようになるので、それら学習データとの連携も考えられますね」とFileMakerプラットフォームの拡張性を語る。

12学年分のデータがまとまり、生徒がiPadを使うようになるといった状況の変化に応じてスクールマスターはさらに進化し、国府台女子学院の校務運営を効率化し、児童・生徒の学校生活をより良いものへ変革する原動力になるだろう。

← ユーザーの声一覧 スクールマスターZeus 詳細はこちら →