ウェルダンシステム株式会社ウェルダンシステム株式会社

customer’s voice

渋谷教育学園幕張中学校・高等学校 NEW

学校の業務を深く理解したスタッフに安心!

  • 自校の考えに合ったカスタマイズ!
  • 今後の教育現場の変化にも対応!

今後を見据えて独自のExcel管理からスクールマスターに移行!

導入のきっかけは・・・

まず実績に安心!


青木教務副部長

「自調自考の力を伸ばす」「倫理感を正しく育てる」「国際人としての資質を養う」――を教育目標とする学校法人渋谷教育学園 幕張中学校・高等学校(千葉市美浜区)。同校は今年4月から、生徒の情報を一元管理する、私立校に特化したトータル校務支援システム『スクールマスターZeus』(ウェルダン(株)、東京都中野区)を導入した。

「今までは教員がエクセルを使って、通知表・指導要録・調査書などを作成していました。教育課程が大きく変わろうとしている現在、自作のシステムでこのまま対応できるのか、他の教員に引き継げるかが不安でした。そのようなときに、姉妹校の渋谷教育学園渋谷中学校・高等学校が『スクールマスター』を導入したので実際に見に行き、非常に有用であると感じ導入を決めました」と経緯を語るのは青木亮一教務部副部長。

導入してどうだった・・・

学校の業務に精通したスタッフに驚き!

まずは2017年11月から汎用版で標準的な機能を利用したという。導入するに当たって同校が特に重視していたのはカスタマイズができることとセキュリティだった。青木副部長は「本校は短期的な成績の如何で一喜一憂してほしくない、長期的な学びを重視する、という方針ですので、定期考査や学校の成績について、偏差値や順位を生徒に示しません。参考として度数分布や標準偏差を示してきました。今回、同じようにカスタマイズしてもらいました」と述べる。


村上教務副部長

「カスタマイズの打ち合わせでは、担当のスタッフの方がこちらの要望している機能の意味や目的を的確に理解してくれて、次から次へと提案をしていただき、大変安心感がもてました。学校の実情をここまでよく理解しているなと驚きです。」(青木副部長)

また、村上欣央教務副部長は「本校は帰国生が英語の授業を別授業で行ったり、生徒が科目を選択できる機会を多く取り入れていますので、クラス分けやカリキュラムが複雑です。カスタマイズで的確に対応して頂けた事がとても助かりました」と述べる。

セキュリティは・・・

暗号化ソフトと連携!

またセキュリティ機能についても、以前は一つの成績データファイルを教諭間で共有していたので、紛失の危険性が常にあった。『スクールマスターZeus』ならばサーバー上で処理しているため紛失の心配はない。アクセスする各パソコンの端末情報を識別し、暗号化ソフトと連携して保存したデータは外部から閲覧できないようになっているので、情報漏洩対策も万全で安心して利用できるようになった。異なるパソコンから同じ科目の成績データを複数の教諭が同時に書き込むことも出来る為、利便性も格段に上がった。

急にシステムの修正が必要な時があっても、専用のソフトウェアでスタッフとつながりリモートコントロール(遠隔操作)で対応してもらえるなどサポート体制も充実している。

今後は・・・

学校現場の変化にも安心!

今後、調査書の書式などが変わっていくが、本校に最も合ったものをスタッフの方と打ち合わせて作成して行けるので安心感があると青木副部長は期待している。

同校は大学受験でも実績を残しているが、受験だけを目指している学校ではない。生徒の個性を重視し、生徒にとって何が良いことなのかを考え、幅広い教養を身につける環境の下で、バランスの取れた人間の育成を目指している。

出典:全私学新聞 平成30年4月23日号
← ユーザーの声一覧 スクールマスターZeus 詳細はこちら →